投稿

大相撲九州場所11日目  白鵬黒星に納得できず頭を下げない

イメージ
大相撲九州場所11日目 全勝の白鵬が嘉風に破れた。立ち合いすぐに嘉風はもろだしになり一気に攻める。白鵬はどうにもできずに寄りきられた。
勝負は一瞬でついたのだけどその後白鵬が土俵下からなかなか上がらない。土俵上では嘉風が待っていて館内は異様な空気に包まれました。
ようやく親方にうながされて土俵に上がったかと思ったが両手を腰にあてて仁王立ち。頭は下げませんでした。
けっきょく嘉風は勝ちなおりを受けて下がったが横綱のこういった態度には失望しました。 相撲、柔道、剣道などの日本の武道というのは礼に始まり礼に終わるのが基本。それが日本の精神を現しているのです。
勝負はついていて土俵下の親方から物言いもない。にも関わらず土俵下で異を唱えて頭を下げないというのは見苦しいとしか言いようがない。 立ち合いが合わないとか言っているらしいが嘉風は立ち合い両手をついて待っていたのです。白鵬がついて立ち合いが成立したのだから嘉風にはなんの落ち度もない。
行事がのこったといったら成立しているのです。 日馬富士の暴行問題、稀勢の里、鶴竜の連続休場。そして今日の白鵬の態度。
なにか相撲会全体が人気の上にあぐらをかいている気がします。 もう一度相撲会全体で気を引き締め直していい相撲を見せてほしい。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

僕が憲法9条改正に反対をする2つの理由

イメージ
憲法9条を改正するのかしないのか。現在日本は大きな岐路にたっているのかもしれません。改正派、反対派ともに半数くらいの割合になっていて大きく割れています。
改正派はよく憲法9条では国は守れない。憲法はアメリカに押しつけられたものだなどと言います。
だから改正する必要があるというのは僕は理由になっていないと思う。
安倍総理は昨日憲法9条に自衛隊を明記しても自衛隊の役割は変わらないと言いました。自衛隊が合憲か違憲かの論議があるからそれを終わらせるために自衛隊を明記すると言います。つまり安倍総理の中では憲法9条があるから国を守れないというのは改正する理由にはなっていないのです。
自衛隊を違憲だなどと言っている日本人などまずいないし変える必要などないでしょう。教科書の内容が問題なら莫大な税金をかけて国民投票などしないで別な方法を考えるべきです。そしてよく言われるアメリカから押しつけられたから変えなきゃいけないという理屈。
憲法9条はアメリカから押しつけられたものではない。証拠となる音声データも見つかっています。
当時の首相幣原総理が日本は2度と戦争をしてはいけないということでマッカーサーに提言して憲法に加えられたのです。戦争に負け焼け野原になりそして2度と戦争をしてはいけないという先人たちの思いが憲法9条にはつまっている。
9条改正というのは大変な犠牲の上に成り立ってできた現在の日本の形を変えてしまうということです。そしてその憲法9条を軽視して作られたのが安保法案だ。
なにをどう言おうと集団的自衛権というのは専守防衛にはなりません。
歴代内閣はだからずっと憲法上認められないという姿勢をとってきた。
それを一内閣の解釈変更により集団的自衛権を認めてしまったのです。普通はこのような重要な決定は選挙で信を問うてから決めるもの。この間の選挙は大義なき解散だったが解散しなきゃいけないタイミングでは解散をしない。姑息だと思います。そして強行採決で安保法案は作られてしまいました。枝野さんの言葉を借りれば今憲法9条を改正すれば安保法案を追認することになる。改正論議をする前に憲法を守れ!憲法を守らない人には憲法を変える権利はない。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村

日馬富士年内にも書類送検、本当にこれでいいのか。

イメージ
横綱日馬富士が年内にも書類送検されるという。本当にこれでいいのだろうか。
たしかに暴力はいけない。横綱としての品格も問われるしなによりも怪我をさせたのなら日馬富士は猛省しなければいけない。しかしここまで騒ぎを大きくする意味はあるのだろうか。 当時の様子としては白鵬が貴ノ岩の生活態度を注意してるなか貴ノ岩が彼女からの電話にでたことに腹をたてて日馬富士が手を上げてしまったという。
横綱から説教をされいる最中平幕力士が彼女の電話を優先する。とても非常識であってはならない行為です。暴力はいけないが怒られて当然だし貴ノ岩自身にも非はあると言えます。
そして一部報道によれば日馬富士は大変貴ノ岩を可愛がっていたという。貴乃花部屋は厳しく他の部屋との交流が少ない。なので貴ノ岩はモンゴル人力士の中でも浮いていたといいます。日馬富士はそんな貴ノ岩を気にかけていたのか一緒に食事に誘うなどしていたといいます。
そんな先輩力士が今窮地にたっている。貴ノ岩は平気なのだろうか。 なにかと貴乃花親方が出てくるが貴ノ岩は未成年ではない。被害届を出すも取り下げるも貴乃花親方ではなく貴ノ岩にすべて任せるべきだと思います。
なぜ日馬富士と貴ノ岩の問題なのに部屋が全面に出てくる必要があるのか。 相撲協会は貴ノ岩の聴取を現在も貴乃花親方に断られてできていないという。
なぜ貴乃花親方に断る権利があるのか。貴ノ岩は相撲協会にも話すべきだし公にも話す責任があるのではないかな。 日馬富士が書類送検され引退に落い込まれても貴ノ岩は土俵に上がれるのだろうか。
誰も幸せにならない方向に今回の事件は向かっています。事を大きくする理由はなんなのか。誰が大きくしているのか。 日馬富士のためにも貴ノ岩のためにももうそろそろ冷静になって対処してほしいなと思います。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

国会代表質問二日目 大塚代表、岡田議員が激しく総理を追及

イメージ
昨日から行われている国会代表質問。昨日は枝野代表、玉木代表が質問に立ちました。
今日は民進党、無所属の会などが質問に立ち激しく総理を追及。 岡田議員「すべての選択肢がテーブルにあるというトランプ大統領を一貫して支持というのはあまりに軽率だ」
安倍総理「支持という姿勢は今も変わらない。あらゆる手段を使って圧力を最大限にして北朝鮮から対話を求めさせる」 大塚代表「私たちは自衛隊を憲法に書こうがなかろうが合憲と考えている。総理は違憲と考えているのか」
安倍総理「違憲ではない。教科書には合憲性に議論があるものもある。議論を無くすのが私たち世代の責任ではないのか。明記しても自衛隊の任務に変更はない」 岡田さんや大塚さんの言っていることのほうがわかりやすいし言っていることを理解できます。
まずすべての選択肢というのはもちろん先制攻撃を含みます。先制攻撃をしたらどうなるのか。日本、韓国にものすごい被害がでるし北朝鮮国内にいる拉致被害者にも被害が出る可能性があります。先制攻撃だけは容認できないのではないのか。なぜ軽々しくあらゆる手段と言えるのか理解に苦しみます。圧力は必要だが軍事衝突だけは絶対に避けなければいけない。戦争にはどんな理屈をつけようがいい戦争などはないのです。
綺麗事ではなく罪もない人間が多数犠牲になる戦争は悪でしかない。軽々しくあらゆる手段など言うべきではない。 安倍総理は衆議院選挙のときからずっと教科書のことを持ち出し改憲しなければならないと言っている。
日本人で自衛隊を違憲だなどと思っている人はまずいないだろう。共産党でさえももしも政権をとったなら政権としては認めると話している。党としては違憲の立場をとっているが少しずつ変わってきていると思います。
憲法って当たり前だけど権力者を縛るものであり国民を縛るものではありません。改憲するならば国民が憲法に疑問をもち変えたほうがいいなという声が強まってきてから変えるものではないのか。たしか9条に関しても改憲派と反対派は半々くらいだったと思います。つまり国民投票を行っても否決される可能性がかなりあります。莫大な税金を使い国民投票をやっていいものなのか。
そして改憲というのは上から改憲しようと押し付けるものでもないと思います。教科書の明記に不満があるなら改憲ではなくて教科書の明記を直したらどうなのか。
自衛隊を違憲だなどと…

大相撲九州場所10日目 稀勢の里今日から休場

イメージ
大相撲九州場所10日目横綱稀勢の里が今日からとうとう休場となってしまった。昨日の宝富士との取り組みに破れて4勝5敗。黒星先攻となってからの後半戦、横綱らしい相撲が取れないなら休場するしかないと判断したのだろうか。
稀勢の里は大関時代ほとんど休場がありません。1日だけ千秋楽に休場したことがあるがあとはない。
それだけ怪我の少ない力士だったのです。
今年の春場所2度目の優勝をかけて稀勢の里は左腕を痛めながらも土俵に上がり照ノ富士に本割り決定戦と連勝して優勝しました。
あのときたしか解説していた北の富士さんが心配していたのを覚えています。
出てきたことにまず驚いたが先日の鶴竜との取り組みを見ればまず相撲が取れるような状態ではないのは見るからに明らかだった。結果的に奇跡の優勝を果たしたがあのときの判断は正しかったのか。
稀勢の里はそれから4場所連続の休場となり来年は進退をかける場所になるかもしれないといいます。今なにかと騒がれている貴乃花親方もそうでした。膝を大怪我しながらも土俵に上がり武蔵丸に勝ち優勝をはたした。日本中が感動したけどそれが原因で長期休場となり復活をとげられないまま引退となります。その場所の優勝のためには後先考えず相撲を取るのが正しいのか。長い相撲生活を考えて判断を下すのがいいのか。怪我を抱えながら相撲を取れば当然怪我を悪化させる可能性は高いし悪化させれば治療にも時間はかかります。
まわりの人間が制止してあげることも必要ではないかなと感じます。稀勢の里、日馬富士、鶴竜。みんな来年は進退をかけることになると思います。日馬富士に関してはまた別の意味で進退が危ないのだけど稀勢の里、鶴竜は怪我を直して横綱としての責任を果たさなければいけません。
横綱として結果を出せているのは現在白鵬だけ。白鵬は今場所おそらく優勝するだろう。
白鵬は人一倍体の手入れは丁寧で準備運動にも長い時間をかけて行うといいます。先場所は休場したが今場所は見事に復活した姿を見せている。これこそが横綱ではないだろうか。
最近は白鵬も怪我をするようになったが白鵬ほど怪我の少ない力士はなかなかいません。
怪我を少なくしてしたとしても小さく抑えることがいい力士の条件ではないかなと白鵬を見ていると感じます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

貴乃花親方はいったいどこへ向かうのか

イメージ
日馬富士が貴ノ岩への暴行問題を起こした件に関して相撲協会への報告を怠ったとして冬巡業へ貴乃花親方を同席させないことを相撲協会は決定しました。今回の件は正直貴乃花親方が事を大きくしている感を否めないですね。
行動が不可解です。暴行事件が起きたのが10月26日。同日の巡業へは貴ノ岩は出ているし稽古もしていて玉ノ井親方は頭部や顔の傷はなかったっと言っているらしい。
10月29日被害届は出されます。11月2日に警察から相撲協会へ連絡が入り11月3日に鏡山危機管理部長が貴乃花親方に聞き取りをします。しかし貴乃花親方は「よくわからない」と答える。
11月9日に貴ノ岩は退院。11月13日九州場所初日。そして今貴乃花親方は第3者をたてて法的手段に出る構えを見せています。診断書を作った医師は骨折は疑いにすぎず髄液漏れもまずなく入院はしたが退院するときは相撲を取ることも含めて問題ないとしています。
しかし貴乃花親方は貴ノ岩に関して相撲を取れる状態ではないから休場させたと言っていましたね。

貴乃花親方はこの問題をどう決着させようとしているのか。
貴ノ岩本人はビール瓶で殴られたと言っているのかいないのか。この問題の主役は日馬富士でも貴ノ岩でもなく貴乃花親方であるように感じてきます。貴乃花親方の口からなんらかの説明がされる日はくるのだろうか。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村

大相撲九州場所九日目 稀勢の里5敗目

イメージ
大相撲九州場所九日目横綱稀勢の里がなんと5敗目。黒星先攻となってしまった。
相手は宝富士。4つ相撲だし体格も稀勢の里よりも一回り小さい。相四つでもあるしけして取りにくい相手ではないはずです。
立ち合いから稀勢の里は左下手をとりがっぷり四つになります。いつもならこれで万全だしあとは寄るだけです。しかし土俵際宝富士に下手投げをくらってしまった。
非常に軽いですね。明日から土俵に上がれるかどうかわからないなといった印象をうけてしまいます。白鵬は相変わらず万全の相撲。千代の国をまったく問題にせずに立ち合いからいきなり左上手投げ。高安と豪栄道の両大関も今日はそろって白星です。今日気になった取り組みは千代翔馬と北勝富士の取り組みですね。
立ち合いなかなか息が合わずに立ち合い不成立が3回もありました。しかも最初の不成立のとき千代翔馬が北勝富士の胸を無駄に突きます。
土俵上でこういった行為は見苦しいですね。
日馬富士と貴乃岩の件もあるしもう一度相撲のありかたというものを考えてほしいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村