投稿

仕事人内閣が仕事しないで解散。なんのための内閣改造だったのか

イメージ
安倍総理大臣が昨日記者会見を開き解散表明を行いました。
来年12月まで任期があるのになぜ今解散なのか。解散する大義は何か。総理はこうおっしゃっています
「2020年度までに3から5歳の幼稚園、保育園費用の無償化」を行うために消費税を10%に引き上げる。これは民進党の政策です。これでは争点になりません。
しかも与党は現在3分の2の議席を持っています。やろうと思えばやれるし少なくとも議論をしてから解散するのが筋ではないだろうか。
報道では冒頭解散すると言われています。
臨時国会を開けばまた森、加計で野党から責められむしかえされる。だから解散するのではないかと国民の多くは感じているでしょう。
一部報道では森友と財務省の交渉データは財務省にあり消したデータを復元できるかもしれないと言われている。もしそうなれば当然野党は国会で追求しますね。
解散は今のうちに選挙で勝ちたいというように見えてしまいます。もう1つ疑問なのはなぜ北朝鮮情勢が緊迫している中解散するのか。
総理はこういう時期だからこそ解散すると言っています。
解散しても対応はできるとも言っている。
対応できるなら任期満了までやったらいいのでは?と思います。各党が記者会見後にコメントを出しています民進党
「記者会見は説得力がなかった。森友、加計で追求されるのが嫌で敵前逃亡解散、自己保身解散以外のなにものでもない」共産党
「野党による臨床国会の開催要求を3ヶ月ほったらかして召集したと思ったら冒頭解散。森、加計隠し以外のなにものでもない。維新
「こじつけ解散」消費税の変更は本来国会で議論してから解散するもの。使い道を変える解散には納得できない」自由党
「与野党の議論もなしに解散は民主主義を否定している。国民を愚弄しなめきっている」社民党
「疑惑隠し」解散権乱用、究極の政治の私物化。安倍暴走政治そのものを見事に表しており厳しく批判したい」
希望の党の小池代表も昨日の記者会見で大義なき解散と批判をしていました。各党の批判はもっともだと思うし国民全体の率直な感想を反映していると思います。解散するならなぜ内閣改造をしたのか。仕事人内閣ではなかったのか。解散するなら内閣改造をする必要はなかったはずです。今回の争点は消費税でもないし北朝鮮情勢でもないと思います。争点は「安倍政権」そのものを問う選挙です。はっきり言って臨時国会をやっと開催…

小池都知事が新党「希望の党」を立ち上げ。代表に就任

イメージ
パンダの名前の会見のあと14時半から小池都知事が新党結党会見を行いました。
党名は希望の党。希望の塾からとったようです。 希望の党には昨日日本の心の中山代表、民進からも松原議員、自民党からも現職の防衛副大臣が参加するなど続々と参加しています。これからもたぶん増えていくでしょう。 小池都知事は衆議院選挙には立候補せず代表には就任するということです。
維新の松井府知事と同じ形ですね。 小池代表は今回の選挙を大儀なき解散と批判をしています。北朝鮮が危機的な状況での解散にも理解できないという。
こういう発言を聞くと与党との連携はなく距離を置くような感じがします。では野党とはどうなのか。民進の前原代表とは日本新党から付き合いがあるらしく今でもコミュニケーションはとっているといいます。どのような連携をするのかは言葉を濁したが柱になる共通の政策次第だと言っていました。 希望の党の政策はというと
・消費税はまだ上げるのは早い
・原発ゼロを目指す
・議員定数、議員報酬削減
・情報公開、しがらみのない政治
・地方分権
・女性活躍
・大学の質を上げていく
・憲法は議論をしなければいけない この中で野党と共通の政策は原発ゼロです。これを柱にすれば野党共闘できるのではないだろうか。
憲法だとか議論定数削減とか他の党と政策的に違うところはあるが今日の会見を見る限り維新のように与党よりにはならないと思う。
日本ファーストと維新はもともと関係は悪いし希望の党には野党共闘になんとか参加してほしいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

大相撲秋場所千秋楽、日馬富士が逆転優勝

イメージ
大相撲秋場所千秋楽、横綱日馬富士が本割り、決定戦で豪栄道に連勝して逆転優勝をしました。 本割り、決定戦ともにあたりが豪栄道とはまったく違った。低さ、強さ、早さすべてにおいて日馬富士が上に見えました。
はっきり言ってやはり豪栄道は大関、日馬富士は横綱の強さだなと感じる。
しかも日馬富士は左肘がかなり悪く使えない状態での優勝です。体調が万全なら4敗もしなかっただろう。
9回目の優勝だがもしかしたら今回が一番嬉しいかもしれない。
満身創痍、一人横綱、平幕からの3連敗。そうとうに辛かっただろう。
精神力でつかみとった優勝です。 3横綱、2大関が休場するという異例の場所だったがとてもいい場所だったと思います。 前半は貴景勝、阿武咲などの若手が引っ張り、中盤からは豪栄道が引っ張った。そして最後に日馬富士が逆転優勝。
15日間の間にとてもいろいろなシーンが思い出される。 来場所は休場力士も復活してまたいい相撲を見せてもらいたいです。 殊勲賞-貴景勝
敢闘賞-朝乃山、阿武咲
技能賞-嘉風 幕内最高優勝-日馬富士
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

働き方改革は労働者の現実をなにもわかっていない

イメージ
安倍政権が促進する働き方改革。
労働者の現実、現状を本当に理解しているのだろうか。働き方改革が定める就業時間規制には残業時間月45時間、年360時間としている。
しかし繁忙期は
・月100時間未満
・2~6ヶ月平均80時間
・年720時間、月平均60時間
・月45時間を越える年は6ヶ月まで事実上月100時間まで残業を認めています。
職業にもよるだろうが過労死ラインは月80時間の残業と言われています。なのにも関わらずどうして100時間まで認めてしまっているのか。
労働経験がまったくない役人や政治家には労働者の気持ちがまったくわかっていないと言わざるえません。また安倍内閣ではいわゆる残業代ゼロ法案も閣議決定している。
これは年収が1075万を越える人には残業代を払わなくていいという法案なのだが年収をどんどん下げていくのではないかという懸念もあります。大企業は内部留保をどんどん溜め込んでいるのに残業代を払わなくていいという法案をなぜわざわざ作るのか。
今まで働いてきた経験からサービス残業が珍しくないというのを僕は知っています。残業代ゼロ法案なんてものを閣議決定したらサービス残業に政府がお墨付きを与えたようなものだ。
政府がやらなければいけないのは労働基準監督署をしっかりと機能させてしっかりと労働者の保護をすることではないのか。労働者の立場は弱い。個人で会社と闘うことはできません。
政府は労働者よりも企業の側にたって働き方改革をしているように見えます。過労死は大企業の場合にはNEWSになるが年間かなりの人が過労死しています。それもたぶん氷山の一角だろう。
2006年から2015年には過労死の人数は2839人。そのうち過労自殺が1776人。過労死をする国がはたして健全な先進国と呼べるだろうか。
こういう問題から目を背けてはいけないと思います。
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

大相撲秋場所14日目。日馬富士、豪栄道ともに勝って優勝は明日に持ち越し

イメージ
大相撲秋場所14日目は3敗の豪栄道が勝ち4敗力士が二人とも破れれば豪栄道の2回目の優勝が決まりだったが豪栄道、日馬富士がともに勝って優勝争いは明日までもつれ込むこととなった。 豪栄道は貴の岩との取組。立ち合いがなかなか合わずに3度目の立ち合い。豪栄道が低くあたっていきます。貴の岩も回り込みながら粘って最後突き落としにいきますが豪栄道が左手で貴の岩の右足をわたし込みながらより倒し決まり手はわたし込み。非常に気合いの入ったいい相撲でした。 日馬富士は関脇の御嶽海との取組。対戦成績は勝ったり負けたりの4勝2敗とけして楽な相手ではありません。立ち合い低くするどくあたり両前みつを掴みます。御嶽海はもろだしの形だが日馬富士が両前みつの引き付けが強く御嶽海は身動きがとれない。強く引き付けながら出ていって寄りきり。昨日に続きいい相撲でした。 優勝争いは明日までもつれ込む形となって本当によかったです。明日もいい相撲を期待したい。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

減税日本の河村市長、小池新党と連携

イメージ
減税日本の名古屋市長の河村さんが小池新党と連携していくと話しています。
河村市長は小池都知事と日本新党時代からの盟友です。今後どのような形で連携していくのか気になります。 週明けにも解散を表明すると見られるためあまり時間がありません。小池都知事もまだ衆議院選挙に立候補するのかしないのか態度を保留している。
しかし野党が乱立する中、票を潰しあっては与党には勝てません。自民党、公明党だけではなく大阪では維新も公明党と選挙協力していくと発表しました。自公維の連携となります。 中選挙区制の都議選と違い小選挙区制は一選挙区から一人しか当選することはできない。民進党の長妻さんや前原さんの言うように本来は一選挙区は1対1の闘いになることが望ましいのです。
となれば野党で票を潰し合うのは得策ではありません。対抗するには野党側も候補者を1本化するべきだ。 しかし野党間でも政策の違いがありなかなか政策の擦り合わせは難しい。
そうなると参考になるのがやはりイタリア政治改革で95年に誕生したオリーブの木だ。日本でも93年非自民で誕生した細川連立政権の例がある。
イタリアでは右派政党ベルルスコーニ政権に対抗するために12の中道左派政党が連立を組み経済学者プロディ氏のもとオリーブの木政権を誕生させました。 最近ではテレビ番組で民進党の大塚議員もオリーブの木構想の重要性を訴えている。
細川連立政権誕生に大きく貢献した自由党の小沢一郎さんもずっとオリーブの木構想を訴えています。 細かな政策は違うが内政、福祉政策において野党間で共通の政策を打ち出し緩やかな連合体を作る。外交、安全保障に関しては対立軸にはしない。これが大事になります。 小池都知事も河村市長も元は小沢一郎さんの側近です。今現在どのような関係なのかはわからないが非自民党でもう一度結束をしてもらいたい。 現在の日本ははっきり言って一党多弱。こういう形は健全とは言えません。やはり対立軸があってこそ政治に緊張感を与えおごりや緩みはなくなっていくのです。
安倍政権が長期化するなかでいろいろな問題もありました。森、加計、防衛省日報問題。さらには共謀罪の参議院審議を飛ばした中間報告。
秘密保護法。集団的自衛権を閣議決定だけで容認。
いろいろ強引に進めたり問題が起きるのはやはり一党多弱が生み出すものです。
今度の選挙でそれをさらに加速させるのかそれ…

大相撲秋場所13日目、豪栄道連敗で3敗目

イメージ
大相撲秋場所13日目。2敗の大関豪栄道は平幕の貴景勝に敗けて3敗となりました。
昨日今日と平幕力士に連敗。あきらかにかたくなっているように見えました。
立ち合いあたった後に今日もまたすぐに引いてしまい貴景勝がそこを突いてつき倒し。豪栄道は足がもつれていて今日解説の北の富士さんは気持ちで完全に敗けていると話していました。
しかしこれで優勝争いはまったくわからなくなり4敗の力士に優勝の可能性がでできました。 とくに横綱日馬富士は豪栄道に分がよく大きく勝ち越している。 その日馬富士は結びの一番苦手の嘉風との取組。立ち合いに頭からものすごいあたりで嘉風を押し込みすがさず右上手をとり一気に寄りきった。
かなり気持ちが入っているように見えました。 豪栄道は明日は貴の岩。日馬富士は御嶽海との取組です。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村