投稿

相模原市障害者施設事件から1年

イメージ
相模原市障害者施設で19人が殺害され27人が重軽傷をおった事件から1年がたちました。
犯人はコミュニケーションがとれない人間は生きている価値がないと語った。そして今でも考え方に変わりはないということです。 この事件で問題なのは ・どうして犯人はこういう思想にいたってしまったのか ・こういう事件を防ぐためのセキュリティはどうしたらいいのか ・犯人の思想は特異なものなのかどうか だと思います。 この犯人はもともとは事件の起きた施設で働いていた。ならば最初は障害者を守る立場にあった人間です。それがどうして障害者はいらないなどという思想にいたってしまったのかというのが重要だと思います。
いったいなにに影響を受けたのか。もともとそういう思想なのか。
よく性犯罪などはアダルトサイトや雑誌、DVDからの影響が大きいと言われます。そういったものに悪影響を与えられ触発されて事件に繋がってしまう。 こういった差別的な考えが虐殺事件に繋がるきっかけにあるのではないかと思います。
原因を突き止めなければまた同じような事件も起きかねない。犯人はまだ考え方を変えていないらしいけど警察には犯人の事件にいたるきっかけを解明してほしいと思います。 僕自身障害があるので障害者施設を利用したこともあるけど施設の職員だからといって障害に理解がある人ばかりでないことは知っています。
障害者施設にもパワハラはあるしいじめもある。
福祉の精神をもって働いている職員はいったいどのくらいいるのか疑問に感じることもありました。ただ知識をもっていればいいということではなく福祉というのは知識よりも心がもっとも大事な要素だと思います。 社会の中で障害者に対する差別的な考えがあるというのは障害者ならたぶんみんな感じることがある。
たとえば面接に行ったとき。障害の説明をしたときの相手の反応でわかります。
多かれ少かれ差別の意識というのは存在はしています。 犯人は障害者は生きている価値がないと言った。 人間は役に立つのか立たないのかで価値が変わる。これが動機です。
障害者はつまり社会保証ばかりかかって社会の役に立たない。いなくなればそのぶん社会はよくなる。これが犯人の主張だ。 ネットなどでこの事件のことを調べると驚くことにこういった考え方に賛同する人がいます。
それが一部なのか一定数いるのかはわからない。けれども共生社会をよ…

閉会中審査。集中審議2日目 昨日の発言が争点に。

イメージ
参議院閉会中審査。集中審議2日目今日の審議で気になったてんは・総理は昨日加計学園が申請していることを知ったのは1月20日と発言したが過去の国会発言との矛盾・今治市は官邸に面会に行った記録があるが官邸には記録がない。面会したのではとされる総理秘書官は記憶がないを連発。・加計学園にはアドバイスを細かく文科省からしているが京都産業大学にはしていない。・防衛省の日報問題。監査中を理由に総理は第3者機関による調査をしない。監査は大臣を調査対象にはしていない。

総理は昨日加計学園が申請していることも知らなかったと発言しました。知ったのは1月20日。つまり国家戦略特区に決まるところです。しかし過去に福島議員や森議員に同じ質問をされていました。
そのときは申請していることを認識しています。総理は今日過去の発言を訂正して昨日の発言が正しいとしましたが国会での発言ですからこれではなんのために国会を開いているのかわからなくなります。
あれは間違いでしたとか記憶がないとか記録がないとかとても真摯な対応とは感じられません。記録や記憶がないということで言えばなぜ今治市は官邸に面会に行ったと言っているのに官邸には記録がないのでしょうか。なにかまずいことでもあるのでしょうか。今治市の職員は官邸に面会に行ったとする記憶がはっきりとあるようです。
官邸の記録とはそんなに簡単になくなるものなのかと疑問に感じます。
野党の質問が下手だとか同じことの繰り返しだとか批判する人はいますが記録がない記憶がない。さらには過去に発言したことは間違いだったなどとしたらもはやなにも追求できないのではないでしょうか。しかも都合の悪い資料がでればそれを怪文書だとか捏造だとか公文書ではないからだとか批判してきて議論になりません。最初の自民党の質問もちょっと疑問があります。まるで加計学園問題は前川さんの勘違い、思い込みによるもので文科省が加計学園ありきという認識をもったのも前川さんの責任ではないかと話していました。なぜそうなるのかわけがわかりません。しかし質問の中で一理あるなと思ったのは国会が森友や加計学園問題が中心でなかなか他の議論ができなかったこと。しかしそれは野党だけの責任ではありません。政権がなかなか問題解決をしようとする姿勢が見えないし問題を起こしてしまう政権に原因があるように思います。野党は政権の姿勢を正すのが仕事で…

集中審議一日目。なにも明らかにならず

イメージ
閉会中審査。集中審議一日目。衆議院。今日の閉会中審査でも残念ながらまたなにも明らかにはなりませんでした。今日見ていて気になったてんは・前川前事務次官と和泉総理補佐官との食い違い・和泉補佐官の、総理と加計孝太郎さんとの仲を知らなかったという発言・総理の、加計学園が国家戦略特区申請をしていた事実を知ったのは国家戦略特区に加計学園が決まってから知ったという発言・野党が呼んでほしいと言っていた参考人招致を与党が拒否していた・また記憶がない、記録がないが目だった
・国会のことは国会でといった発言も目立つ集中審議が始まってまずは自民党の質問が始まりました。さっそく前川前事務次官がこの問題のキーパーソンとしていた和泉補佐官との面会での発言について質問です。前川さんは和泉補佐官から
「総理が直接は言えないから‥」といった発言があったとしていますが和泉補佐官はこれを否定しました。
これはどっちが本当のことを言っているかを明らかにするのは無理だと思います。その後民進党から証人喚問も求められたが国会で決めることだからと出席するかどうかの意思表示はしませんでした。総理も国会で決めることといった発言にとどめた。しかし今回の閉会中審査はじっさい総理の意思で決まったこと。ならば総理の一任で証人喚問も決まるはずです。なぜ籠池さんのときは証人喚問で今回の問題は参考人招致なのか。虚偽答弁をしても罪になるのかならないのかそこは大きく違ってきます。また和泉補佐官は総理と加計学園理事長との関係を知らなかったと話しました。総理補佐官なのに本当に知らなかったのだろうか。疑問に感じてしまいます。また国家戦略特区は本来内閣府の仕事。総理補佐官がわざわざ動いて文科省事務次官を呼びつけている段階で違和感を感じてしまう。総理にいたっては民進党の質問にそもそも加計学園が国家戦略特区に申請していることを知らなかったという趣旨の発言をしていました。国家戦略諮問会議を開き総理自ら議長をしていたにもかかわらず知らなかったというのだからちょっと信じがたい。しかも加計理事長とは旧知の仲で何回にもわたり食事やゴルフをしている仲です。申請中にも何度も会っているという話なのでこの事実は大きいと思います。申請をしている側と決める側が食事やゴルフをしている。このじてんでまずいのではないでしょうか。
客観的に見て加計学園が国家戦略特区に決まる前から…

大相撲名古屋場所千秋楽  優勝白鵬

イメージ
大相撲名古屋場所は白鵬が結びの一番で日馬富士を破り優勝を決めました。
蒼山が嘉風を破り2敗を守っていたので日馬富士が勝てば優勝決定戦だったので少し残念だったが白鵬はさすがに最強の横綱といった感じですね。
39度目の優勝ですが40回の大台にもおそらく届くことでしょう。 今場所の残念なところは横綱の鶴竜、稀勢の里と大関の照ノ富士が休場したところです。来場所は千秋楽まで頑張ってほしいですね。 大関では豪栄道が負け越してしまい来場所は角番になります。
こちらも来場所は立て直してほしいです。 三賞は 殊勲賞-御嶽海 敢闘賞-蒼山 技能賞-該当なし
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

今後元SMAPメンバーたちはどうなるのか

イメージ
SMAPを解散してジャニーズに残るメンバーと独立するメンバー2つに別れていると報じられているけど心配なのは出ていくメンバー。
稲垣さんと草なぎさんと香取さん。 報道では当初独立メンバーの仕事はなくなり香取さんにいたっては引退するのでは?という情報まででていました。
しかし香取さんは最近番組で引退はしないとはっきりと断言。
さらに公正取引委員会が最近芸能人に事務所から不当な圧力がかからないように釘をさしていることも大きいみたいで独立メンバーの仕事も影響はあまりないのではと言われています。
しかし香取さんのスマステに関しては打ちきりは濃厚のようですね。
打ちきり後の番組には木村さん主演のドラマを放送するみたいな情報もあります。 木村さんと中居さん共演のドラマも今後あるのでは?という話もあるしなんか残留メンバーと独立メンバーにはっきりと別れる象徴的なドラマになる印象を受けてしまいますね。
もしあるなら見ては見たいですが(笑) 独立メンバーは元マネージャーのかたと合流して仕事していくという話もあるし今後も頑張ってほしいです。 解散したグループが再結成なんて珍しくないしいつかSMAPも再結成してまた世界に一つだけの花を聞かせてほしいですね
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

大相撲名古屋場所14日目

イメージ
大相撲名古屋場所14日目結果 蒼山-豪風 蒼山が立ち合いから一気に豪風をつきだして12勝2敗。 御嶽海-栃拗山 大関に一番近いとされる御嶽海とかつての大関候補の栃拗山。栃拗山が立ち合いからおっつけて御嶽海のさし手をころします。逆に栃拗山が左射し右上手で寄りきりました。
御嶽海は8勝6敗。
栃拗山は11勝3敗。 白鵬-豪栄道 白鵬が左張り手右かち上げで豪栄道の立ち合いをころします。
かち上げのあとの引きに豪栄道がついていけずに白鵬の勝ち。
白鵬13勝1敗。
豪栄道7勝7敗。 日馬富士-高安 日馬富士が立ち合いからついていき高安の腕をたぐります。そのままたぐりながら土俵から出して日馬富士の勝ち。高安はなにも出来ませんでした。
日馬富士11勝3敗。
高安8勝6敗。 1敗-白鵬
2敗-蒼山
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

稲田大臣と陸上自衛隊の意見が真っ向対立

イメージ
防衛省の日報問題について稲田大臣と陸上自衛隊の意見が真っ向からぶつかっている。
陸上自衛隊は稲田大臣が日報の隠蔽を了承したというが稲田大臣は完全否定です。
どっちが正しいのかはわからないが省内でこれだけ言い分が異なるというのはかなり問題ではないかなと思います。 文科省も前川さんが会見を開き行政が歪められたとはっきりと言い切っていました。そして閉会中審査でも今まで通りの発言を繰り返した。 文科省に続いて陸上自衛隊もいわば内閣にたてついているような構図に見えます。しかし自衛隊は文科省と違い実力部隊。大臣が自衛隊をコントロールできていないとなるとこれはかなり問題があります。
陸上自衛隊としては大臣が隠蔽を否定するということは隠蔽の責任はすべて陸上自衛隊にあるということになり受け入れることはできないのでしょう。今現在監査が入っているがこのままいけば陸上自衛隊の処分者はかなりでるかもしれない。 しかし隠蔽の報告をもししてなくてもあっても稲田大臣には責任があると思います。 報告があったならば当然国会でなかったと嘘をついたことになる。
なかったなら自衛隊を統制できていないということです。 報告したときの状況について稲田大臣は無言だったという話もある。無言だから黙認したと受け取ったのだろうか。 監査の結果は来週中にも出ると言われていますがたぶん24、25の集中審議には間に合わないでしょう。
となれば集中審議で稲田大臣、防衛省関係者から話を引き出すのは難しくなる。
来月3日には内閣改造で稲田大臣は交代になると言われています。
なんとか集中審議を乗りきって次の大臣に交代してしまおうというのならこの問題もうやむやに終わってしまうかもしれない。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村