投稿

政党支持率自民党が安定、野党は立憲が支持率を伸ばす

イメージ
政党支持率を見ると相変わらず自民党が高い支持率をキープしています。野党は立憲民主党が10%弱を確保しているが他は非常に低い。
民進党がいつまでぐずぐずしているのかが気になります。はっきり言って早く解党したほうがいいと思います。
そのほうが有権者はわかりやすい。
立憲民主党がなぜ支持率を伸ばしたのかといえば筋を通したこともあるけど一番は掲げる旗が明確になったことだ。中道左派、リベラルの受け皿にしっかりと立憲民主党がなったわけです。 支持率を見ればたしかに自民党と立憲民主党には開きが見えます。しかし衆議院選挙での無党派層の投票先を見ると立憲民主党が一番高い。

衆議院選挙の無党派層の投票先 立憲民主党31%
自民党21%
希望18%
共産10%
維新9%
公明6%
社民2%
他4% 立憲民主党支持とは言ってなくても選挙となれば立憲民主党に入れる人がたくさんいることを示しています。まだまだ立憲民主党の支持率が伸びる可能性がありますね。 地方議員や民進党議員も立憲民主党入りがずっと続いている。
最近では有田議員が入党の意向を示しているし蓮舫元代表も入党の可能性があります。
立憲民主党は党内対立の火種だけは抱えないでもらいたいのでしっかりと入党させるさいには注意をしてもらいたい。 枝野代表は野党再編には消極的だといいます。この姿勢を貫いてもらいたいですね。
立憲民主党をしっかりと根のはった強い政党にしてもらいたい。雨が降っても風が吹いても枯れることのないしっかりとした根をはることが大事です。 反自民党の受け皿になるのは立憲民主党しかありません。維新や希望内の右派は自民党となにが違うのかさっぱりわからない。 枝野代表、立憲民主党にこれからも期待をしていきたいと思います。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ブラックバイトを許さない 高校生がレストランを訴える

イメージ
立憲民主党のTwitterをフォローしているのだけどTwitterの記事の中に高校生がレストランを訴えた記事がありました。その結果4千人の労働環境が改善されたという。高校生がここまでやるとは本当に驚きです。若いってすごいなと思いますね。 ブラック企業、ブラックバイトなどおそらく珍しくはありません。世の中たくさんあります。しかしそれをしょうがない、当たり前だと思ったらなにも変わりませんね。
働く側の権利を守るには立ち上がる必要があります。 しかし中身を見ると靴代を請求されたとか更衣室から現場が遠いとかタイムカードが分単位ではないとかどこにでもありそうな話です。つまり世の中の会社の多くは労働条件を守ってはいないのかもしれません。
高校生はこれらを不服としてユニオンに参加してバイト先を訴えて示談金3ヶ月分を勝ち取ったという。
すごいですね。 しかしこういう庶民的な記事も取り上げて問題にしている立憲民主党には本当に距離を近く感じます。しっかりと庶民の暮らしの実態を見てくれているのだなと思いますね。
自民党政権が長く続いているけどいっこうにブラック企業はなくなりません。労働基準法の改善もなされずそれどころか残業代0法案なるものまで作られてしまいました。自民党政権では労働環境が改善されることはないのではないだろうか。 立憲民主党は ・長時間労働規制
・最低賃金の引き上げ
・同一労働同一賃金の実現 また保育士、幼稚園教師、介護士の待遇改善を公約にしています。 連合、労働組合が支持母体だからこそ働く労働者の声に真摯に向き合ってくれると思います。 金持ち、大企業ばかりがいい思いをして働く労働者はブラック企業、ブラックバイトで働かせる。
そんな世の中は間違っています。労働者は奴隷ではありません。働く側には働く権利があります。 間違っていることには毅然とした態度で間違っていると声をあげる。
そのことの大切さを高校生の記事から改めて学んだ気がします。
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

貴乃花親方の逆襲はなるか

イメージ
元横綱日馬富士の暴行問題が明るみになって一月以上が経過したけどまだまだこの騒動はおさまりそうもありません。
問題は日馬富士が貴ノ岩に怪我をさせたことなのだけれども今や相撲協会vs貴乃花親方になってきています。双方の亀裂は深まるばかりで相撲協会はいまだに貴ノ岩の聴取をできていない。本当ならば日馬富士が書類送検されたじてんで相撲協会の聴取に応じるはずだったのに貴乃花親方は警察と検察を間違えていたと言って相撲協会の聴取をまた断った。
鏡山危機管理部長が5度も貴乃花部屋を訪れている姿はパフォーマンスとも見られているけど八角理事長が何度電話しても連絡がつかないというんだから貴乃花親方のほうに問題があると思いますね。電話には出るべきだと思います。社会人として自分の会社の電話に出ないのはあまりにも無責任だ。しかし貴乃花親方は処分覚悟で相撲協会と闘う姿勢を見せていると言います。
「角道の精華陛下のお言葉をこの胸に国作を担う国体の役割を明確にする」言葉を聞いても意味はよくわからないけど相撲会を取り戻すということなのでしょうか。貴乃花親方が相撲協会への不満はかなりあるらしく
・事件の報告は加害者側の伊勢ヶ浜親方がするべきだった
・なぜ貴ノ岩は休場しているのに日馬富士は土俵に上がったのか
・なぜ日馬富士の暴行を止めなかった白鵬は処分されないのかこれらが貴乃花親方の相撲協会への不信感らしいですね。
たしかに気持ちはわかります。しかし貴乃花親方についてくる親方衆は減る一方だというし支持離れは深刻だといいます。
もう少しやり方があるのではないかなと思います。やることはやってから自分の主張をしたほうがいいような気がするしせめて貴ノ岩の診断書を出すのと相撲協会の聴取には応じたほうがいい。
本当に相撲協会を変えたいなら一人では無理でしょうね。改革など一人では無理だし票を取れなければ理事長にはなれません。相撲協会は筋道をたてて事を進めています。それに応じない貴乃花親方はあまりにもかたくなで無礼にさえ写っている。
礼儀、礼節をしっかりと果たし、その上で自分がどう相撲会を変えたいのか訴えてほしいなと一相撲ファンとしては感じます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

日本の女性議員の割合を増やすにはどうしたらいいのか

イメージ
日本における国会議員の女性割合は先進国中最下位。世界193か国中163位とかなり低い割合になっています。
今年は豊田元衆議院議員、山尾議員、稲田議員など不祥事も続いていて女性議員の資質を問う人もけっこういます。女性議員が少ないのが原因だとか女性だから不祥事を大きく扱われるとかいろいろな声があります。 先日国際政治学者のかたが女性議員の問題について書いていました。どうやって女性議員の割合を増やすのか気になって読んでみたらクオータ制を話していて驚いた。
どうして驚いたのかというとその人はかつてテレビ番組の中で「女性は平等を強く言い過ぎる。女性も男性社会と同じように実力主義で行かなければいけない」と強く言っていたからです。
クオータ制とは女性には女性枠というものをあえて作って数を確保するというものです。これは実力主義に反する制度であり男女平等にも反する制度だ。
個人的には反対だけど調べてみるとクオータ制をとっている国はけっこうあるようで世界に98か国もあるらしい。意外に多くあることに驚きました。 しかし日本にクオータ制を作るときに女性枠をいくつもうけるのだろうか。
例えば極端な言い方をすると枠を100人もうけて立候補者が100人だった場合はどうなるのだろうか。落選はなくなるのだろうか。
選挙をする意味がなくなりそうで不安になります。 女性議員が少ないのはたしかに問題だしクオータ制も一つの考え方にはなるのかもしれない。それで女性議員の割合を確保している国が現実にあるので女性議員割合を増やす手段にはなります。 しかし僕は枠をもうける前にまずは立候補しやすい環境を整えるほうが先だと思います。
女性議員が少ないのはそれだけ女性の立候補者が少ないからではないだろうか。男性と女性同じくらいの人数が立候補したうえで男性、女性のどちらに片寄ってもそれは選挙の結果でありそれが民意です。
日本は選挙に立候補するのにお金がかかりすぎる。国会議員の場合選挙区で300万、比例重複で600万かかるらしい。
一般人にとってあまりにも高額です。
そして社会人はだいたいが仕事をしており立候補するときに失業して受かるか落ちるかわからない選挙に出るのはかなりの勇気がいる。
以前立憲民主党の長妻さんが立候補するときの休業制度が必要だと言っていたけど本当に必要だと思いますね。そうでなければ立候補できる人はあま…

枝野さんの憲法9条私案を見る

イメージ
本来であればどの政権であろうと憲法をしっかりと守ることが大前提のはずです。憲法とは権力者を縛るものであり権力者が自分の都合で解釈変更をするなどもってのほかだ。
しかし残念ながら安倍政権で解釈は変更されてしまい集団的自衛権を認め安保法案を作られてしまいました。そして今の国会は憲法改正を賛成する勢力が多数を取り憲法改正が現実味をおびています。
自民党、維新の会は賛成の議員が多数を占めているだろうし希望の党も改正賛成派はかなり多くいると見られます。公明党は慎重だが共謀罪、安保法案の対応を見れば賛成にまわる可能性が高い。立憲民主党、共産党、社民党がいくら反対しても多数で押しきられてしまうのは必定で枝野さんが対案を出したのは立派だと思います。
改正するならばより良いものにしなければいけない。番組の中で枝野さんは9条の2項の部分を強調していたかと思います。・我が国の安全を守るために行動している他国の部隊に対して武力攻撃がなされてこれを排除するために他に適当な手段がなく、かつ我が国の平和と国民の安全に重大で明白な影響を及ぼす場合に自衛権の行使ができる日本を守る他国の部隊とはアメリカ軍ですね。日本国内のアメリカ軍と限定していることにより地球の裏側まで行ってアメリカ軍と一緒に自衛隊が武力行使をするということはなくなります。
日本国内のアメリカ軍が攻撃をされれば当然ながらこれは個別的自衛権の範囲になり専守防衛の観点からも矛盾はなくなりますね。この枝野さんの私案は現在の憲法以上に専守防衛の精神を明白にして解釈変更の余地をなくしています。さすがだと思います。北朝鮮有事の危機が心配されるなかでも9条の精神を守る。そして現実的にどのような対応ができるかを明白にしています。憲法改正をするならば全会一致でなければいけないといった報道に対して枝野さんはTwitterで反論しています。
「全会一致になるくらいの努力をするべき」
ということであり全会一致が現実的には難しいことはわかっているということです。解釈変更の余地をなくすような憲法改正であれば賛成できる人はけっこういるのではないかと思いますね。ただ反対するだけではなくてより良いものを作るために対案を出して国民に訴える。立憲民主党が躍進して本当によかったと思います。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

立憲民主党が共謀罪廃止法案を提出へ

イメージ
立憲民主党が改正組織犯罪処罰法の共謀罪の部分を廃止する共謀罪廃止法案を国会に提出することを検討しているといいます。
共謀罪はプライバシーや表現の自由、集会の自由を縛り立憲主義に逆行する法案だということです。維新を除く他の野党にも共同提出を求めるらしい。共謀罪の危険性はずっと言われ続けていて戦前の治安維持法だとか内心の自由に反するとかいろいろ言われていました。
にも関わらずこんな大事な法案を参議院の質疑を途中でやめて中間報告という強行採決に踏み切って可決させてしまった。法務大臣の答弁もあやふやで議論が噛み合っていないようにも見えました。共謀罪とは4年以上の懲役に該当する犯罪を共謀したときに罰せられる法律です。しかしなにをもって共謀と見なすのか。どうやって捜査するのかなどすごく曖昧で一般の国民には影響はないと言ってもなぜ影響がないと言えるのか根拠もわからない。
懸念されるのは共謀罪によって社会が萎縮してしまうことやいつか共謀罪を悪用する権力者が出ないかということです。
また警察がいきすぎた捜査をしないのかといったことも非常に心配にもなってしまう。
犯罪者やテロリストと一般人を見分けることも事実上無理だと思います。
犯罪者だって犯罪を犯す前は一般人です。誰が犯罪者で誰がテロリストで誰が一般人かなどわかるはずがない。ならばやはり一般人にも共謀罪は影響があると考えるのが自然な考えであり一般人には絶対に影響はないというのはどう考えても信じることはできない。共謀罪の他にも通信傍受法というのもあるし国民のプライバシーというのはもうないのかもしれません。
それをしょうがないと思うのか直さなきゃいけないと思うのかという問題です。秘密保護法、通信傍受法、共謀罪。もしこれらに緊急事態条項まで加わってしまったらと思うとゾッとします。
憲法改正論議の場合だいたいが憲法9条に争点が行くけど本当に怖いのは緊急事態条項です。
ナチスドイツがどうやって独裁政権を作ったかといえばワイマール憲法という緊急事態条項を悪用したからです。テロ事件をナチス自らがでっち上げ共産党を逮捕して独裁政権を作りました。ナチスドイツに学べと言っていた政治家がいたけど絶対に歴史を繰り返させてはいけない。立憲民主党は共謀罪廃止法案の他にも公文書管理や情報公開などを図る改正法案7つを国会に提出すると言います。野党第1党だった民進党…

礼儀と礼節を教えたかった。伊勢ヶ浜親方の目に涙

イメージ
日馬富士の暴行問題が明るみになり2週間以上たちました。
昨日は理事会が行われて貴乃花親方も出席した。あくまでも加害者である日馬富士の言い分にすぎないけど日馬富士の言い分としては指導がいきすぎたという認識みたいですね。
リモコンで殴り頭を9針も縫う怪我をさせたことは事実だしこれは猛省しなければいけない。 しかし今回の事件を肯定するわけではないけど体罰をなくした上でどうやって指導することができるのかということを考えてしまいます。血気盛んな体のでかい若者を相手にどうやって上下関係を教えて組織を作るのか。
綺麗事を言っても相手を従わせるのは力であることに変わりはありません。 たとえば学校の場合、先生は相当に苦労をしていると思いますね。僕が小学、中学のころはまだ普通に体罰はありました。めずらしいことではなくてしょっちゅうありましたね。
中学生、高校生なんて体格はもう大人で相手がいっさい手出しできないなんてわかったら確実になめられますよ。
昔は当たり前にあった体罰だけど現在はすぐに問題にされます。 僕は体罰と暴力は別けて考えなければいけないと思います。
暴力とは怒りにまかせて相手を傷つけることです。体罰、指導というものは相手のためを思い相手を成長させるために行うことです。うけたほうだってわかると思うんですよね。自分を思って叩いたのか、それとも怒りにまかせてただ暴力をふるわれたのか。 部下や後輩が自分に対してバカにした態度をとってきたりなめた態度をとってきた場合に自分だったらどうするか。最初はもちろん口で言う人がほとんどでしょう。けれども相手が態度をかえないとき。当然こっちは怒りますね。手は出るかもしれません。実際にその場になって自分は手をあげないと自信を持っていえるだろうか。 人間関係と外交は一緒だと言っていた人がいました。
片手に武器を持ち片手で握手をする。
武器を持っているから握手ができるんです。武器がなかったら相手はこっちを対等には見ません。 必要悪とまでは言わないけど男というものはいざとなったら戦うものです。誰かを守るときや自分のプライドを守るためには戦って当たり前です。 今回の日馬富士の問題は一方的に加害者側の報道なので実際にどうだったのかはわかりません。そういった意味でも貴乃花親方は貴ノ岩の発言の機会を早く与えてあげてほしいです。本人だって早く話したいでしょう。…